Mac mini に eGPU を導入して全てが快適に、4K + IntelliJ の遅延も改善した

ZARU
6 min readJun 5, 2020

結論から書くと、Mac mini 2018 モデルに eGPU : Razer Core X + Radeon RX 5700 を突っ込むと、あらゆるストレスが改善しましたと言う話です。

ストレスだったこと

  • IntelliJ の文字入力が極端に遅い
  • Zoom のデスクトップ共有が重い
  • OBS のライブ配信が重い
  • Civ6 の画面が黒い影に覆われ、おどろおどろしい雰囲気に

これらが全て改善し、今のところは安定稼働をしています(Civ6 は改善しない方が生産性的には良かったのかもしれない)。

ここからは時系列での話

僕は Mac mini 2018 モデルが発表された直後に、これはいいぞ!と思い即購入しました。それまではずっと iMac を乗り換えて行ってたのですが、ディスプレイが自由に選びたいなと思って Mac mini にしました。

ディスプレイは LG の 34WK95U-W と言う 5K2K (5120 x 2160) と呼ばれるめちゃワイドなやつにしました。画面が横に広くて端っこはあまり活用できてない気がしなくもないですが、まぁ快適です。

IntelliJ の文字入力がなんか遅い…

いつものように IntelliJ でコードを書いていると、なんだかタイプミスをしてしまいます。例えば zaru と打っているつもりが zrua みたいに入れ違いになってしまうのです。最初は早くタイプしすぎてミスったのかと思ったのですが、何回やり直しても同じ症状…。

もう少し挙動を確認すると、とにかく文字入力の反応が遅いと言うことに気がつきました。うーむと思って検証を開始。

アクティビティモニタで CPU リソースなどを確認すると以下のような結果になりました。

  • 赤 : IntelliJ で大きめの Window でのタイピング中のリソース
  • 黄 : IntelliJ で小さめの Window でのタイピング中のリソース
  • 青 : VSCode で大きめの Window でのタイピング中のリソース

え、マジですか…?と目を疑うような GPU リソースの利用率です。 CPU は大して違いはありませんが、Window が大きいと文字入力時に GPU を使うようです。Mac mini の GPU はとても貧弱なので無理があるのかもしれません(エディタで GPU 必要って…)。

IntelliJ のフォーラムで調べると issue が上がっていました。症状は様々ですが、いろんな人が同様の症状で困っているようです。

GPU が弱いなら eGPU 入れるか?

富豪的な発想ですが GPU をめちゃ使うなら、eGPU を入れてみるか?と思って調べたのですが、IntelliJ では eGPU 入れても効果が出なかったと言う報告があったり、macOS 自体が不安定になって強制再起動が発生するとか…怖い話しか聞こえてこない割に、eGPU はそれなりに価格が高いので躊躇してました。

ただ、最近 YouTube でライブ配信をする機会があり、OBS を使ってデスクトップ画面のキャプチャやカメラ映像をワイプで合成したりすると CPU も GPU も 100% になって配信映像がカクツク状況に…。

こりゃ厳しいなと腹を括ってダメ元でも eGPU 入れてみようと決めました。

eGPU 何にしよう?

Mac が公式サポートしている eGPU はそれなりにあります。

一体型の Blackmagic は最近販売停止されたのでないとして、ケースと GPU を選ばないといけないです。

ケースもいくつかあるのですが、完全に見た目だけで Razer Core X に決めました。

最新の Chroma モデルは USB ポートや LAN ポートがありますが、個人的には使わなそうなので無印の方にしました。無印で 32,800 円。

でかい…

GPU は知識が全然ないので適当に GPU ベンチマークサイトでコスパが良さそうなモデルを探し Radeon RX 5700 あたりが良さそうで、静音性に定評がありそうな SAPPHIRE のものを選びました。

でかいな…

ディスプレイとの接続は DisplayPort 1.4 にしました。このケーブルも長すぎるとノイズが入るとのことだったので、品質が良さそうな Club3D の 2m のものを購入しました。

また、起動時に eGPU があるとディスプレイに映像が来ないと言う症状があると聞いたので、対処法である HDMI ダミープラグも併せて購入しましたが、今のところ起動時にもしっかり映像が来ているので使ってません。

でかいよ…

結果どうなったか

Radeon RX 5700 は通常時はファンが一切回らず、全くの無音です。 Razer Core X のファンと電源も静かに気にならないです。最高。

IntelliJ で大きいウインドウでも文字入力の遅延が全くなくなりました。プログラミングするだけなのに GPU を気にする日が来るとは思いませんでしたが… 4K 以上のディスプレイを使うとなると、それなりのスペックが必要だと言うことが分かりました。

下の画像は試しに、OBS や Zoom のデスクトップ共有などを試した時のものです。RX 5700 を目一杯使ってくれていますね。目一杯使っていますが、CPU は余裕ができたので、他のタスクがカクツクことなく普段通り使えています。

いろいろ恐れていた eGPU 導入ですが、今のところは問題が解決して快適です。もし似たような状況の人がいたら参考なれば幸いです。

Mac mini が付属品扱い

--

--

ZARU

株式会社nanabitで働くプログラマです